中臣興業の事業をご紹介いたします。

中臣興業

事業紹介

事業紹介

全ての施工の要

鳶職人が行う足場の組立解体という仕事は、工事や施工の現場においては主役のポジションではありません。しかし、現場において必ず必要な名脇役です。作業員の効率化や安全を支える、大事な土台を造る仕事になります。現場にあった足場の種類を選び、今後の作業が円滑に進められるようにするための基礎を造るのが中臣興業の使命です。

鳶工事

鳶工事

建築現場で必ず必要になる、職人たちの足場。この足場は、施工の流れを阻害しないように組むことが必要であり、目に見えない建築物件の完成図をイメージして組んでいます。施工部に近すぎても遠すぎても職人の作業効率が変わってしまう、重要なものです。

枠組み足場

足場の種類の中で、もっとも一般的なタイプです。
比較的組み立てや解体の手間がかかりにくく、重量も軽く強度も高いため安全性にも優れています。その汎用性の高さから、橋梁工事や建築工事といった幅広い現場で使われています。

くさび式足場

凹凸が付いた金具をハンマーで打ち込んで、接続して組み立てる足場です。
一定間隔で支柱の鋼管を並べ、その他の資材を固定して組み立てていきます。高さが低層~中層建築の場合によく使用することが多いです。枠組みと同じく、設置や解体がスムーズに行うことができますが、地形や建築場所によっては設置できないこともある種類の足場です。

単管足場

単管足場は枠組みやくさび式と違い、鉄パイプやで組み立てていく足場の種類です。
クランプと呼ばれる金具を使用し、ボルトで接続して組んでいきます。このほかにも多くの資材を用いることができる足場です。組み立てや解体に手間がかかってしまう種類のものですが、幅や高さが任意に調整できるので、幅が取れない狭い立地の工事で用いられることが多いです。

鍛冶工事

鍛冶工事

建築現場で使用する鉄筋・鉄骨を高温で熱し、溶接切断することが主な工事です。その場に合ったサイズのものが必要になりますが、決まったサイズでの長さのものがある為その場で作業することが多いです。熱して加工するため、しっかりと決まった寸法に合わせるのも経験や知識が必要です。経験豊富な弊社職人が安心安全な施工をさせていただきます。

溶接切断

建築や工事の現場で使用される鉄筋や鉄骨を加工します。溶接や切断により長さや強度の調節をしておき、今後の工事をスムーズに進めるための重要な工程です。

配管工事

配管工事

空調や給湯、さらにはガスといった、建物に使用される配管を設置したり修理をいたします。配管にも様々な種類や用途がある為、専門的な知識が必要になります。弊社の経験豊富な職人が親切丁寧な施工・工事をさせていただきます。

配管設置

住宅建築の際に必ず必要な配管の設置は、序盤に行われることが大半です。この工程が遅れてしまうと、全ての納期が狂ってしまうとても重要な部分になります。

人工芝施工

人工芝施工

天然芝とは違い、芝刈りや水やりの必要がなく、雑草が生えるのも防ぐことができます。施工をする面積で値段が変動することがありますが、初期費用以外のメンテナンス代は天然芝よりも格段にお安く済みます。まずはお気軽にご連絡・ご相談下さい。

ご自宅のお庭の施工

お庭の状態を維持する為に、こまめに雑草を抜いたり土をならしたりするのは大変だと思います。人工芝を敷いてしまえば、日々の手間も少なくなりいつでも同じ状態のお庭を維持することが可能です。